小さめ2.5畳のファミリークローゼット、ハンガーポールの高さ、奥行が重要

こんにちは、なみこ(@namiko_home7)です🌸

我が家には、ファミリークローゼットがあります。

4人家族で2.5畳と一般的なファミリークローゼットより、狭い間取りだと思います。

2.5畳というとすごく狭くて、家族全員の洋服が入らないのではないか?と疑問に思う方も

多いのではないでしょうか?

我が家は、夫、私、年少息子、2歳娘の4人家族ですが、

今のところ、普段使わない礼服やスーツ以外の、服は全てファミリークローゼット内に納まっています。

今回は、我が家のファミリークローゼットの収納方法を紹介していきます。

この記事は、

  • 狭いクローゼットを有効活用したい。
  • ファミリークローゼットを作りたいor作るか悩んでいる

という方におすすめです🌸

目次

我が家のファミリークローゼットの広さ、サイズ

我が家のファミリークローゼットは、L字型になっています。

図のような作りで、2.5畳となっています。

狭いクローゼットの収納アイディア

クローゼット、ハンガーポールの高さを考える

計画段階から、どのように使えば、狭いファミリークローゼットを最大限に活かせるか、

すごく考えました。

収納を増やすには、ポールの位置を高くして、下側の収納を増やすことが1番だと思いました。

実際にハンガーを使って、どれくらいの高さまでなら、洋服を掛けやすいか試しました🌸

我が家は、枕棚を195㎝くらいと指定しました。

今測ってみると、枕棚197cm、ポール187㎝の高さでした。

ポール位置が190㎝ほどでも、身長157㎝の私でも、普通にハンガーが掛けられる高さです。枕棚は、踏み台がなくてもなんとか、つま先立ちで上のものを取ることのできる高さです。

通路幅が狭い!!ウォークインクローゼット、ハンガーポールの奥行を考える

我が家のファミリークローゼットは、すごく通路が狭いです。

L字型になっているので、奥は広いのですが、入ってすぐは、洋服を掛けていなくても通路幅70cmです。

レギュラーサイズのハンガー42㎝を掛けると、通路幅58㎝です。

ファミリークローゼット通路幅

反対側の壁にかばんを掛けているので、実際は、もう少し狭い通路です。

狭いですが、我が家は小柄一家なので問題なく使えています。でも、広い方が使い勝手はよいと思うので、計画中の方はもう少し広い方がいいと思います!

一般的には、壁から30㎝のところにポールが付くようなのですが、ポールが前に出るとその分、洋服もせり出してくるので、

通路幅を確保するために、ポールの壁からの位置(奥行)をハンガーを掛けてギリギリ使える

23㎝にしました。

クローゼット ポール位置
奥行30㎝

標準のポール位置では、洋服が壁につくことなく、掛けられる。

クローゼット ポール位置
奥行23cm

奥行23㎝だと洋服が壁に擦れている。

洋服が壁に擦れるのが、気になる方は、ポール位置の奥行30㎝は合った方がいいですね。

上段のみのポールを2段に増やす収納

ハンガーポールを高く設定したので、下段に余裕ができました。

下段の収納を増やすために使っているのは、ブランコハンガーです。

前の家では、すべての子ども服をプラスティックの引き出し収納ケースに入れていたので、

ごちゃごちゃしていたのですが、ブランコハンガーに掛けて収納するようになって、

子どもにも分かりやすく、すっきり収納できるようになりました。

ポールの高さ、幅が調整できます。

我が家で使っているのは、ベルメゾンのものですが、上記のものも使い方は同じでした。

2段にすることで、収納力が格段にアップしました。ブランコハンガーがなければ2.5畳に4人分の洋服は納まっていないと思うほど、重要なアイテムです!

小物も収納しやすい!積み重ねられるプラスティックケース

衣類収納

我が家のファミリークローゼットで使っている収納ケーズがすごく優秀です。

  • 積み重ねられるので、高さを調整できる。
  • サイズが豊富なので、収納幅によってケースを選べる。
  • 小さいサイズは、靴下などの小物を入れるのに便利。

我が家のファミリークローゼットは、この3種類を組み合わせています。

キャスターも付けられるので、掃除が楽です。

DIYで壁掛け収納取り付け

可動棚下には、幼稚園かばんや帽子を掛けています。

入口左側の壁には、普段使うかばんを掛けています。

IKEAのスンネルスタを自分で取り付けました。

壁面収納することで、狭いクローゼットを無駄なく使っています。

まとめ

ファミリークローゼットは、我が家の中で一番考え抜いた場所です。

特に、ハンガーポールの高さは、収納力が変わってくるので、注文住宅計画中の方は、ぜひ考えてみてください。

よければ、クリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

ピックアップ

コメント

コメントする

目次
閉じる