相見積もりのメリット、デメリット 我が家の場合

こんにちは、なみこ(@namiko_home7)です。

ハウスメーカー探しをしているとき、

最終的に、あるハウスメーカーと現在建てることとなった工務店の2社の

どちらで建てるのか悩みました。

どちらで建てるのか悩んでいることを2社に伝えると、

値下げ、サービス合戦になってしまいました😅

今回は、2社を競合させた結果のメリット、デメリットを書いていきます。

目次

相見積もりのメリット

  • 値下げしてもらえる。
  • サービスしてもらえる。

つまり、お得に建てられるといことですね😊

相見積もりしたけ結果…我が家の場合

太陽光発電、サービス、値下げ合戦

ハウスメーカーが太陽光発電をサービスで付けてくれることに!!

これだけ聞くと、サービスでつけてくれるなんて、ラッキーじゃん👍って思いますよね。

問題はここからなんです。

工務店側が、これに対抗して、

工務店営業

無料で付けるのは、難しいですが、太陽光発電安くします!

と言ってきました。これも、ラッキー👍って思いますよね。

ここでは、気付かなかったんですが裏があったみたいで…。

我が家には適さないメーカーのパネルだったみたいなんです。

契約前に、どこのメーカーのパネルが何kw載るのか確認しておけば、よかったのですが、

太陽光パネルにランクがあるなんて、知らなかった😱メーカーによって、発電量が違うんですね😭

結果として、工務店と契約

工務店契約したのですが、安く太陽光発電導入できる代わりに、

発電量の低いメーカーのパネルをつけられていたみたいでした。

安いパネルにしたんだから、見積もりが安くなるのは当たり前じゃん😢

私たちは、結局、太陽光発電はつけなかったので、問題なかったのですが、

つけていたら、いくら安くても利益が少ない太陽光発電では、

付けるのがもったいなかったですね。

そもそも、発電量の低いパネルだったということに、

もうすぐ家の引き渡しというところまで、まったく気付いていませんでした😅

なぜ今更、気づいたのか…

この記事をあげた後の皆さんの反応で気付きました。

同じくらいの坪数で、どうしてうちは2.8kwしか載せられなかったんだろう?

調べた結果、見積もりで採用されていたのが、変換効率が低く、

多くの発電量を得るためには、広い屋根が必要なメーカーのパネルでした😂

つまり、そんなに広くない我が家には、適さないパネルでした。

相見積もりのデメリット

相見積もりで、見積もりを安くしようとした結果、

工務店が、安い代わりに、発電量の低い太陽光パネルを採用していました。

今となっては、太陽光発電を付けなかったのでいいのですが、どうしてあのパネルを採用したのか疑問です。もっと安くていいの、あったでしょ😩

皆さんも、安かろう悪かろうにならないように気をつけてください!

まとめ

2社を競わせた結果、安いけどあまりよくない太陽光発電だったよ〜

という話でした。

お得になるので、相見積もりはした方がいいですが、

こういうこともあるので、注意してください。

私たちの勉強不足が招いたことだとも思うので、

家づくりには、いろんな知識が必要だなぁと思いました🙂

よければ、クリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

ピックアップ

コメント

コメントする

目次
閉じる