高低差2mの土地の外構工事費用【擁壁】


こんにちは、なみこ(@namiko_home7)です😊

高低差がある土地って、購入するの不安じゃないですか?

高低差のある土地を購入したけど、外構費用の概算しかわからないので、外構の打ち合わせをして、実際の金額が出るまで不安でした。

今回は、我が家の高低差2mの土地にかかる1次外構費用について、書いていきます。

高基礎部分は、本体工事に含まれていたので、

今回の1次外構費用は、赤枠で囲ったブロック部分とします。

この記事は、

  • 高低差のある土地を購入しようか迷っている。
  • 実際どれくらいかかるのか、実例が知りたい。
  • 土地探ししている。

という方に、おすすめの記事です。

目次

高低差2mの土地の外構費用について…220万円⁉︎

私たちが購入したのは、緩やかな傾斜地にある高低差2mの土地です。

見積もり金額はというと、220万円…。

土地を購入した不動産屋さんや工務店の方に、300万円みておけば大丈夫と言われていたので、聞いていた額よりは安くて、安心しました。

CP型枠ブロックを使用した擁壁

高低差のある外構工事といってもいろいろな方法があります。

今回、私たちが選んだのは、CP型枠ブロックを使った擁壁です。

駐車場側も階段横と同じように、高基礎にすると、

100万円くらい安くできると言われたのですが、

どうしても庭が欲しかったので、

高基礎にはせずに、CP型枠ブロックを使いました。

上の写真が、建築途中のわが家の擁壁です。

色がグレーかイエローがあったのですが、私たちはイエローにしました。

写真を見てわかるように、全然イエローには見えません。笑

外構工事の見積もり220万円の内訳

①仮設工事

  • 水盛遣方         1式 ¥20,000
  • 清掃・養生及び残材処分  1式 ¥25,000

②土木工事

  • 掘削      59㎥(単価3000円)  ¥177,000
  • 残土処分費   54㎥(単価6500円) ¥351,000
  • 埋め戻し工   5㎥(単価2500円) ¥12,500
  • ユンボ回送費  2式(単価25000円)  ¥50,000

③基礎工事

  • CB基礎(1〜4段)  6.1m(単価4500円)  ¥27,450
  • 型枠CB基礎    9.3m(単価22500円) ¥209,250

④組積工事

  • CB150組積  5.4㎡(単価10800円)  ¥58,320
  • 化粧CP型枠210 17.3㎡(単価50400円)  ¥871,920
  • ポンプ車圧送    2回(単価58000円)   ¥116,000

⑤諸経費 ¥95,922

内訳は以上です。

高基礎について(これなら安くできる❕?)

私たちは庭がどうしても欲しくて選ばなかったのですが、

1番安くできる外構工事は、高基礎と説明を受けました。

上の絵のように、家と基礎が一体になっているので、

私たちの場合は、100万円くらい安くできるそうでした。

(絵が下手ですみません^^;)

庭が必要なくて、駐車場が広い方が良い方は、

高基礎が合っていると思います。

RC擁壁について

CP型枠ブロック以外で庭を作れる方法として、RC擁壁も提案されました。

上の図のように、コンクリート打ちっぱなしの見た目になります。

RC擁壁なら、子どもが壁に落書きできて楽しそうで、いいかも?

外構屋さん
外構屋さん

RC擁壁の方が、CP型枠ブロックより高いですよ。

ということで、安い方のCP型枠ブロックにしました〜。

まとめ

今回は、高低差2mの土地の外構工事について書きました。

少しでも皆さんの参考になれば、嬉しいです\(^-^)/

よければ、クリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

ピックアップ

コメント

コメントする

目次
閉じる