一人でおんぶしやすい、おすすめ抱っこ紐

こんにちは、なみこ(@namiko_home7)です🌸

赤ちゃんがいると、家事がなかなかできないですよね😓

赤ちゃんが寝ているときは、一緒に寝て体力を回復させたい!

と思ったので、赤ちゃんの首が座ると、おんぶで家事をしていました。

おんぶするようになってからは、スムーズに家事が進められるので、

時間に余裕ができるので、本当に助かりました。

今回は、私が今も使っているおんぶしやすい抱っこ紐を紹介していきます。

目次

一人でおんぶしやすい

首が座ったらおんぶできる抱っこ紐は、たくさんあります。

首が座っても、赤ちゃんはまだ小さくて、グラグラしているから、一人でおんぶするのは難しいですよね😥

1人目のときは、体がしっかりしてくる10ヶ月ごろになるまで、

1人でおんぶできませんでした😅

2人目になると、『赤ちゃんが落ちそうで怖いからおんぶできなーい😂』

とは言ってられないので、おんぶしやすい抱っこ紐を探しました。

首が座った4ヶ月ごろから napnap

napnapは、生後4ヶ月ごろの首が座ったら、抱っこ、おんぶできます。

napnap の推しポイント

抱っこ紐

日本製

  • 日本人の体格に合わせて作られている。

落下防止ホルダーが付いている。

  • おんぶするときに、赤ちゃんが落ちる心配がない。
  • おんぶが、一人でも簡単にできる。
  • 赤ちゃんに落下防止ホルダーを装着して、リュックのように背負うだけ。
napnap

コンパクトになるので、収納や、持ち運びにも良い。

napnap

コンパクトになるので、収納場所に困りません。

腰に装着したまま、コンパクトに収納できる。

  • 収納カバーは必要ない。

なみ美はもうすぐ2歳だけど、お出かけのときは、napnapを持っていきます。使わないときは、腰につけたままコンパクトになるので、邪魔になりません😊

napnap

ポケットが3つある

  • 鞄がなくても財布や鍵、携帯も入れられる。
  • 家の近くを散歩するときは、鞄なしで行っていました😊
抱っこ紐

ポケットを開けると、メッシュになる。

  • メッシュなので、汗疹ができにくい。
  • 真夏は、このポケットに保冷剤を入れることもあります。
おんぶ紐

値段が安い

  • 種類によって値段が違うが、どれもお手頃。
  • Basic タイプは、1万円しないです✨

他にも

ポケット部分を外すと、抱っこ紐全てがメッシュになるものもあります。

暑がりの赤ちゃんには、とても良いですね。

抱っこ紐

私が使っているのは、UKIUKIというものだったのですが、

1年9ヶ月前に購入したものなので、なくなっているようです。

(正確には、公式サイトで数量限定再販されています。)

その代わり、同じデザインのものが、Visionというシリーズにありました。

新生児から抱っこできるタイプで、機能もたくさんありました。私が買ったときにあれば、よかったのに〜。

おんぶできるようになると、すごく楽になるので、ぜひ検討してみてください🌸

よければ、クリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

ピックアップ

コメント

コメントする

目次
閉じる